クレジットカードのメリットで比較

日本では利用者が少ないと言われていますが、世界ではクレジットカードの利用は当たり前です。では現金ではなくクレジットカードで支払いを行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは代表的な3つのメリットを紹介し、現金払いとクレジットカード払いを比較していきます。

支払いで比較

クレジットカードの最大のメリットは、支払いが簡単に行えることです。一般的な現金払いをする場合は、レジの前で財布を開き、細かい小銭を数える必要があります。場合によっては、小銭が面倒でお札を出すと、お釣りで財布がパンパンになってしまうかもしれません。しかし、クレジットカードの場合は、財布からカードを1枚取り出すだけです。いちいち小銭を数える必要はありませんし、お釣りで財布がパンパンになってしまうこともありません。また、インターネットでの支払いも便利です。最近では、ネットショップが当たり前になりましたが、クレジットカードならその場で支払いが完了します。カードを使わない場合は、いちいちコンビニや銀行に行く必要があり、手間になってしまいます。

ポイントでお得に!

クレジットカードで支払いを行うと必ずポイントがもらえます。貯まったポイントは何かの景品や商品券と交換したり、利用額から割引することも出来るので非常にお得です。普段の買い物にクレジットカードを利用するだけで勝手にポイントが付いていくので利用しない手はありません。もし現金払いの場合はただお金が飛んでいくだけです。せっかくポイントを貰うことが出来るのですから、貰えるものは貰っておきましょう。ポイントの還元率などはクレジットカードによって異なりますが、カード会社によってはポイントに特化したサービスを展開しているところもあります。ちょっとした工夫をするだけで大量にポイントが貯まっていくので楽しく感じるはずです。

安全性で比較

万が一、クレジットカードが盗難されてしまったとしても全く問題ありません。カード会社に連絡すればカードの利用が止まるので悪用されることはありません。もし悪用されてしまっでも、悪用された分についてはカード会社が全額返金してくれるため、安心して利用することが出来ます。クレジットカードの場合、盗難されたり悪用されてしまっても、カード会社がしっかりと対応してくれるので安心ですが、もし現金払いの人が財布を落としてしまうとどうでしょうか。財布からお金を抜き取られてしまった場合は、一切お金は戻ってきません。盗まれてしまったらそれでおしまいです。しかしクレジットカードでは安心です。この違いは非常に大きいと言えるでしょう。